借り換えってなに?

債務を借り換えするメリット


借り換えとは金融機関から新しく融資を受けてそのお金で既にある債務を返済する事です。借り換えをする目的は既にある債務よりも低い金利のローンを組んでそのお金ですぐに金利が高い方のローンを完済する事で、残りの債務の額は変わらないものの金利が下がるので完済までに支払う総額を減らす事です。
例を挙げると年利10%で100万円の債務がある時に他の金融機関で年利5%で100万円の融資を受けて借りた100万円で年利10%の債務を先に完済する事で、5%の金利の差だけ得になります。
複数の金融機関から借り入れがある場合も新たに一つの金融機関に融資してもらって債務を一つにまとめる事で金利が下がって総支払額が抑えられます。


借り換えの審査と診断


借り換えをするべきか否かは現在の金利と新たに融資を受けた時の金利を比較する事で判断できます。その時に注意するべきなのは借り換え時に手数料が発生するという事です。手数料は金融機関によって差があるので、借り換えを検討している金融機関の手数料を把握して手数料込みでどちらが得になるか判断すると良いです。
固定金利から変動金利に乗り換える時にも注意が必要です。固定金利は同じ時に比較すれば基本的に変動金利よりも金利が高く設定されています。そのため単に固定金利よりも変動金利の方が金利が低いと考えて乗り換えてしまうと後で金利の変動が起きて割高になる可能性があります。借り換えで変動金利を選ぶ時は将来の金利が変動する事も考えて検討するべきです。